どらテクの経歴

パーソナリティ
スポンサーリンク

どんな人?

簡単に言うと、ハードウェアに関する知識が多いソフトウェアプログラマーです。

経歴は?

某大手総合電機メーカーのIT部門(正確にはICT部門)に約30年所属していましたが2020年に退職し、2021年現在フリーです。

担当していた業務は、ソフトウェア生産技術と言えば伝わるでしょうか?
所属していた事業所は、サーバー機器=ハードウェアを製造する部門ですが、ハードウェアをより近い場所で制御する組み込みソフトまたはファームウェアと呼ばれるソフトウェアが必要です。
そのソフトウェアの製品を開発/設計する部署は、製品やプロジェクトに応じた縦割りの部署で構成されます。
私が所属していたソフトウェア生産技術の部署は、その開発/設計部署に対して、開発環境や検証(テスト)環境の構築、開発技法のコンサルティング、進捗管理の環境構築、不具合管理の環境構築など、横割りの部署になります。
その中で、私は主に環境構築のプログラムに関することを中心に、時には開発/設計する部署に入り、実際に設計や組み込みソフトの一部を開発してきました。

どんな言語を使えるの?

  • アセンブラ
    10歳ごろに6809を独学で学び、Z80、68000、x86など
  • コンパイラ系
    C/C++言語(GCCやVisual C++など)、Java、など
    Cはまだアメリカで標準化されたばかりのANSI-C対応のものを組み込みソフト向けに導入していたが、当時はまだバグも多かったため、どういうCソースがどのようなアセンブラに生成され、この生成はおかしいのでは?とベンターとやり取りしていました。
  • スクリプト系
    Perl、Ruby on Rails、UNIX(Linux)のシェルスクリプト、Windowsのバッチファイルなど
  • Web系
    HTML、Javascript(jQuery)など
  • DB系
    Mysql、PostgreSql、NoSQLなど
  • HDL系:Verilog,VHDL
    これらはハードウェア記述言語で、使えるというよりは論理シミュレーション環境の構築をしてました。

などなど、さまざまな言語を使えます。

PC経歴

  • ベーシックマスターJr
    自宅が電気屋で展示デモ用にあった
  • ベーシックマスターS1
    バイトで買った最初のPC
  • X68000とX68030が箱の中に眠っている
    コンデンサ交換やACアダプタ化したいところだが、手が回ってない。
  • 80386(のちのi386)の頃は、AT互換機として自作PCを始める
  • Raspberry Pi 3B
  • ノートPC
    LibrettoやVAIO Tシリーズ、Uシリーズ、Zenbook、GPD Pocket、OneMix 2S、Surface Pro4など
  • 現在のPC
    さすがにノートPCは自作できず、ベアボーンPCもあるが、主に自作PCを中心に構築している。
    メインPCのOSはWindowsで、サーバーにはハイパーバイザー型VMのVMware vSphere ESXiをもちいて、Windows(主に検証用)、Linux(Red Hat系/Debian系)など複数のOSを稼働。
    これらのPC環境詳細は、別途投稿する予定です。

ゲーム機経歴

  • カセットビジョンJr、ファミコン、メガドライブ
  • プレイステーション(1~4)、サターン、ドリームキャスト、XBOX(初代)、XBOX360、Switch
    新機種が出るたびにハードウェア構成はどうなっているのかを調べてます。
  • ゲームボーイアドバンス、DS、3DS、PSP、PSP Vita
  • スマホもゲーム機扱いの率が高いのでここに分類するが、
    AndroidはAQUOSシリーズを中心にその他スマホ/タブレットを10~20機種ぐらい、
    iOSはiPad、iPad miniもiPhone
  • アーケードゲーム基板
    イシターの復活、グラディウス、妖怪道中記、アサルト、ドラゴンセイバー、ヴァンパイア、ヴァンパイアハンター、ヴァンパイアセイバーなど

今後個人的にやりたいこと

  • AI(さわりぐらいは学んだ)
  • RT(レイトレーシング)
    8bitパソコン時代、大したことのない画像に何日かかけて描画させた記憶がある。
    それがリアルタイムでできるようになってきているのは感慨深い。
  • Unity
    良くスマホゲームはやるのだが、なんでこんなユーザーインターフェース(UI)の作りなのか?って思うものがあるので、より良いUIのゲームのサンプルを提示できないかと考えている。

本サイトの方針

昨今、知識は広く浅くで良く、それより知恵を付けるべきと考えている。
それは、検索すれば詳細はすぐ見つかるからだ。
でも、ほしい情報を見つけるには、第2ワード、第3ワードの選択を指定するが、それには知恵が必要だ。
また、見つかった情報の中には、嘘、間違いもあるだろう。
これらを見抜くのにも知恵が必要だ。

本ブログは、検索して見つかる詳細側を目指している。
私が上記で経験して知っていることやもっとこうすると良いなど、少しずつであるが投稿していきたい。

もちろん、情報が古いこともあるだろう、間違って覚えていることもあるだろう。
その時は教えてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました