Amazon Lightsail WordPressインスタンス環境メモ

プログラミング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

前提条件

  • Amazon LightsailのWordPressインスタンス を利用している。
  • 2021年6月10日時点の最新の bncert-tool を利用した場合。

WordPressのインストール先

/opt/bitnami/apps/wordpress/htdocs/ にインストールされた状態でインスタンスが作成される。
functions.php に対して記述が必要となったときは、上記のフォルダ下の wp-content/themes/<テーマのフォルダ>/functions.php を編集する。

WordPressのデータベースのダンプ方法

データベース名は、bitnami_wordpress なのでこれに対して操作する。
次がダンプ例

$ sudo mysqldump -u root --databases bitnami_wordpress -p$(cat /home/bitnami/bitnami_application_password) -c -n > bitnami_wordpress.sql

httpd(apache2)サービスの操作方法

/opt/bitnami/apache2/scripts/ctl.sh を利用する。
オプションとして、start/stop/status/cleanpid が指定できる。
次がhttpd(apache2)サービスを開始(start)するときの例

$ sudo /opt/bitnami/apache2/scripts/ctl.sh start

やってはいけないこと

httpd(apache2)サービスは上記のように、bitnami の管理下のものを利用しなければならないため、Linux一般の systemctl を使ったサービスの起動を行ってはいけない。
次のように、標準の apache2.service の状態を表示したとき、

$ sudo systemctl status apache2.service
● apache2.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/apache2.service; enabled; vendor preset: enabled)
:

有効(enabled)になっていると、WordPressインスタンスを再起動(reboot)したとき、こちらが優先して起動されてしまうので、bitnami管理下のWebページ、つまりWordPressが表示できなくなる。

この場合は次のように無効(disable)にする。

$ sudo systemctl disable apache2.service
Synchronizing state of apache2.service with SysV service script with /lib/systemd/systemd-sysv-install.
Executing: /lib/systemd/systemd-sysv-install disable apache2
insserv: warning: current start runlevel(s) (empty) of script `apache2' overrides LSB defaults (2 3 4 5).
insserv: warning: current stop runlevel(s) (0 1 2 3 4 5 6) of script `apache2' overrides LSB defaults (0 1 6).
Removed /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/apache2.service.

$ sudo systemctl status apache2.service
● apache2.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/apache2.service; disabled; vendor preset: enabled)
   Active: inactive (dead)
     Docs: https://httpd.apache.org/docs/2.4/

コメント

タイトルとURLをコピーしました