2000年9月9日にPentium3-800Eを買っていた

自作PCなど
スポンサーリンク

部屋を片付けていたら、昔のレシートが出てきた。
当時、27,800円、消費税 1,390円(当時は5%) 計29,190円で購入。
Pentium3 800E となっているがおそらく、800EB が正しく、FSB133MHz×6倍の800MHz駆動だと思われる。
Coppermine コアで、0.18µm(=180nm)プロセスで製造されたもの。
Slot 1と呼ばれるファミコンのカセットのような形のものをM/Bに刺してました。

今の10nm~5nmプロセスで作られたスマホより、低性能で消費電力も高いんです。
まあ、20年以上前のものですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました